​グループホーム 物件紹介

ホーム>サービス一覧>グループホーム 物件紹介
グループホーム運営可能な物件を
紹介します。
​グループホーム運営が可能な条件とは?
自治体からの指定を受け、グループホーム(共同生活援助)を開設するための物件については
入居者の方が安全に暮らすことができるように、厳格な要件が定められています。
・設置場所:入居者の家族や地域住民との交流機会が確保される地域にあること。
      入所施設又は病院の敷地外にあること。
・最低定員:事業所全体で4人以上
      既存物件を利用する場合の1ヵ所あたりの定員は2人以上10名以下
・居室  :1つの居室の定員は1人
      1つの居室の面積は、収納設備等を除き、7.43㎡以上
・リビング:居室に近接して設けられる相互に交流を図ることができる設備の有無
・その他 :台所、トイレ、​洗面台、浴室等の有無
上記のような「設備基準」をクリアしている物件は慣れればすぐに見つけることができますが、
以下の条件をクリアするのに困難を極めるケースが多々あるようです。
・物件オーナー許可
・近隣住民や町会の理解
・昭和57年以前と以降の建物
・市街化調整区域ではないこと
・建築確認申請の有無
・図面の有無
・増改築の有無
・戸建てとマンションの消防設備の違い
・避難経路の有無
・竪穴住居に該当するかどうか
・網入りガラスの有無
・防火扉の有無(遮煙扉の有無)
​・防火管理責任者配置の有無
これらはほんの一例ですが、数多くの物件に触れてきたために
多少癖のある物件であっても自治体の許可を取得できると思います。
福祉事業者様への紹介件数は82件に及び
本年度よりその実績を元に弊社でもグループホーム事業を展開しています。
 
​紹介可能エリアは?
日本全国可能ですが、特に東京、千葉、神奈川、埼玉は得意エリアです。
紹介可能な物件について
・新築アパート、中古アパート
新築戸建て、中古戸建て
・土地
・テナント
※インターネット掲載前の「非公開情報」を中心にご紹介します。
また、土地や新築物件に関しては、建ぺい・容積率を加味しどのような物件が建てられるのかを事前に把握できる
​ボリュームチェック」も無料で行います。
​お気軽にご相談ください。